資料請求 | サイトマップ | お問い合わせ

keio-logo

教養研究センター | 日吉キャンパス | 鶴岡タウンキャンパス

   
教養研究センター 鶴岡セミナー    
     
 
 

 
報告会

トップページへ戻る

 

鶴岡セミナー活動報告会

2012年度「庄内セミナー」についてはこちら

 山形県鶴岡・荘内の歴史の中で育まれてきた「生命」の在り様を学びつつ、慶應義塾において進められている「生命」に関わる多様な研究・教育の成果も取り入れることで、「生命」を総合的に考えることを目的とした鶴岡セミナーは今夏、8月31日~9月3日の期間、鶴岡タウンキャンパスを中心に開催されました。
 このセミナーには塾生だけではなく、地元・東北公益文科大学の学生も参加し、多彩な講師による講義と、即身仏を安置した寺院などを巡るフィールドワークを行いました。

 今回の最終報告会では、下記のコメンテーターと来賓の方々そして一般の方を含めて70名を越える参加者がありました。鶴岡での合宿最終日に各グループが発表した内容をより深く考察を加えたもので、死を想い、生きることを体感した参加学生と、参加者による活発な意見交換が行われ大変有意義な報告会となりました。


報告会の概要
     

開催日時 :2008年11月15日(土) 14:00~17:30
会場   :慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎 シンポジウムスペース

 【来賓コメンテーター】 (敬称略) 
 酒井忠久(財団法人 致道博物館館長) 酒井天美(財団法人 致道博物館常務理事)
 後藤赳司(出羽三山山岳宗教研究所 主幹) 中本佳孝(財団法人 簡易保険加入者協会 財務部長)
 大歳恒彦(東北公益文科大学 公益学部長) 白 迎玖(東北公益文科大学 准教授)  
 【来賓】(敬称略) 
  高坂信司(鶴岡市企画部企画調整課長補佐) 阿部知弘(鶴岡市東京事務所 係長)
 
     
報告会の様子
     
ご挨拶   70名を越える参加者
ご協力戴いた方々からのご挨拶   70名を越える参加者

 

羽田功先生ご挨拶

 

 

活気ある学生のコメント

羽田功よりご挨拶   活気あふれる学生からの発言

 

 

 
 
 
 

ご連絡先

 
copyright