慶應義塾大学   庄内に学ぶ「生命」のつながり?心と体と頭と? | 庄内セミナー | 慶應義塾大学教養研究センター  
トップ・NEWS 取組みの紹介 教育・研究活動 活動記録
    各年度の様子●14年度 ●13年度 ●12年度 ●10年度 09年 08年(鶴岡セミナー)  
  ご参加・ご寄付・ご協力のお願い
 
 

未来先導基金

このプログラムは未来先導基金の助成(2012年度は292万円、2013年度は262万円、2014年度は269万円)を受けております。
未来先導基金は未来の先導者にふさわしい、国際的な体験と視野をもって社会をリードする人間を育成することを目的に創設されています。
慶應義塾未来先導基金
 
 

関係団体

 
 

事務局

慶應義塾日吉キャンパスへのお問い合わせ
 
 
 
 
 
 

 庄内セミナーは一般的にはいわゆる教養系セミナーに属するものです。その意味では、すぐに何か実用的なことに役立つといった性格のものではありません。つまり、よく言われるところの「実学」的セミナーとは趣を異にするものです。
 ところで、慶應義塾はしばしば福澤諭吉の語った実学と結び付けられて語られますが、しかし、その本来の意味は実体のない「虚学」に対する「実学」であることに目を向けていただきたいと思います。ともすれば目先の利益を追求することに傾きがちな「実学」とは異なり、人間の生きる営みにとって真に役立ち、それぞれの形で私たちの社会・世界に貢献できる学問こそが実学にほかなりません。そして、私たちはそうした「実学」を身につけ、活かすための基盤こそが教養にほかならないと考えています。
 このセミナーでは、地域や世代の異なる参加者が寝食を共にし、共通のテーマを軸としてグループ・ワークを行うことでコミュニケーションとコラボレーションの力、すなわち「社交力」を養うことに主眼を置いています。自分の殻にこもりがちだと言われる若い世代の人たちにとってばかりでなく、生きること自体が他者(ひと)とのつながりと共生が避けられない私たち誰にとっても「社交力」は不可欠な力ではないでしょうか。そうした社交力を養う格好の機会として、ぜひとも本セミナーへの積極的なご参加を期待しております。

 さて、庄内セミナーは庄内をフィールドとした新たな教養教育の実践を目指すものでありますが、同時に、

1. 庄内と慶應義塾とのいっそうの連携強化を図ること
2. セミナーをきっかけとして義塾と庄内を広く国内外に発信すること
3. セミナーを通じて慶應義塾と庄内を基点とした広義の文化的ネットワークを構築すること

も重要な目的と考えております。
 こうした目的をご理解のうえ、セミナーの安定的な実施のために、各位におかれましては、ぜひとも以下の形式でのセミナーへのご寄付・ご協力を賜れば幸いです。

ご寄付のお願い

1. 金額:
 ・個人     :一口  5,000円 (できれば2口以上でお願いします)
 ・法人、団体:一口 50,000円 (できれば2口以上でお願いします)
2. 方法:
 ・関係資料をお送りしますので、住所・氏名を
  下記連絡先のE-mailでお知らせください。
3.特典:
  A. セミナー関連の成果物を贈呈いたします
  B. ご了解いただければ、
     「庄内セミナー」ホームページ、セミナー報告書など
     セミナー関連の成果物に「ご寄付・ご協力者」として
     お名前を記載させていただきます。

お問い合わせ先

 セミナーへのご参加、ご寄付、ご協力などについてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

 
慶應義塾大学教養研究センター
住所  〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
TEL  045-566-1151
FAX  045-566-1102
E-mail  : lib-arts(at)adst.keio.ac.jp
    (at)を@マークに置き換えてください。
URL  http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/

 

 
↑このページのトップへ戻る

 

 

 

 
    
ご参加・ご寄付・ご協力のお願い
庄内セミナーの趣旨をご覧いただき、セミナーの安定的な実施のために、ぜひともセミナーへのご参加・ご寄付・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

詳細はこちら


庄内セミナーへご協力いただきました皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

寄付金御芳名録はこちら

 
慶應義塾大学教養研究センターウェブサイトを表示します。
 
 
             
             
トップ・NEWS趣旨・目的・テーマ教育・研究活動活動記録
copyright(c)keio university