慶應義塾大学   庄内に学ぶ「生命」のつながり?心と体と頭と? | 庄内セミナー | 慶應義塾大学教養研究センター  
トップ・NEWS 取組みの紹介 教育・研究活動 活動記録
    各年度の様子●14年度 ●13年度 ●12年度 ●10年度 09年 08年(鶴岡セミナー)  
  活動記録 お申し込み
 
 

未来先導基金

このプログラムは未来先導基金の助成(2012年度は292万円、2013年度は262万円、2014年度は269万円)を受けております。
未来先導基金は未来の先導者にふさわしい、国際的な体験と視野をもって社会をリードする人間を育成することを目的に創設されています。
慶應義塾未来先導基金
 
 

関係団体

 
 

事務局

慶應義塾日吉キャンパスへのお問い合わせ
 
 
 
 
 
 

■ 第4回「庄内セミナー」(2013年度)の様子をお伝えします。

教養研究センターでは、2013年度未来先導基金公募プログラムとして採択された、第4回庄内セミナー「庄内に学ぶ生命-あらためて生と死を考える」をテーマに、山形県鶴岡市の慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス(TTCK)を中心に8月30日~9月2日までの3泊4日で開催しました。このセミナーには学生28人と社会人7人の計35人が参加しました。

 

初日はTTCKで6班に分かれて「生命」をキーワードに、思考・発想法の一つの「マインドマップ」を作成しました。その日の夜は小室正紀先生(経済学部教授)による「徂徠学」をテーマとした講義では参加者と活発な質疑が行われました。

 

2日目は注連寺の即身仏を拝観し、その後鶴岡市内に戻り、致道館で「庄内論語」を体験しました。また、夜は山内志朗先生(文学部教授)による「即身仏と羽黒修験」をテーマとした講義が行われました。その後、羽黒山山頂で行われた八朔祭を見学しました。八朔祭は秋峰入中の山伏たちによる稲穂の生育を祈願するお祭りで夜空を焦がす壮大なお祭りでした。

 

3日目は羽黒山で山伏修験体験が行われました。白装束に着替え、その後滝行、床固め、南蛮いぶし、火渡りで「擬死再生」の一端に触れる体験をしました。その夜は、酒井忠久氏(致道博物館館長)と春山進氏(庄内民俗学会幹事)による「庄内文化論」をテーマとした講演が行われました。

 

最終日はTTCKにほど近い慶應義塾大学先端生命科学研究所で展開されている、最先端のバイオテクノロジーを用いた研究成果や施設を見学しました。その後、各自で初日に作成したマインドマップを見直し、変化したことを確認しました。また昼食を兼ねた懇親会では、セミナーに参加した感想などを披露して解散となりました。

 

今後は参加者によるレポート集の刊行(10月下旬)を予定しています。

 

【お知らせ】
 庄内セミナーを主催する教養研究センターのことが紹介されています。
 ぜひご覧ください。
 「教養研究センター開所10年、熱く教育を踊る?」
 (教養研究センター所長 不破 有理)

 

2013年度 庄内セミナー活動写真
     
講義後の質疑   庄内論語素読(致道館)
講義後の質疑   庄内論語素読(致道館)
     
修験体験(滝打ち)   参加者集合(TTCK)
修験体験(滝打ち)   参加者集合(TTCK)
     
即身仏拝観(注連寺)   修験体験(羽黒山)
即身仏拝観(注連寺)   修験体験(羽黒山)

 

 

 

 

 
↑このページのトップへ戻る

 

 

 

 
合宿セミナーへのお申し込みはこちらから
 
 
 
    
ご参加・ご寄付・ご協力のお願い
庄内セミナーの趣旨をご覧いただき、セミナーの安定的な実施のために、ぜひともセミナーへのご参加・ご寄付・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

詳細はこちら


庄内セミナーへご協力いただきました皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

寄付金御芳名録はこちら

 
慶應義塾大学教養研究センターウェブサイトを表示します。
 
 
             
             
トップ・NEWS趣旨・目的・テーマ教育・研究活動活動記録
copyright(c)keio university